両親が小さくても身長は高くなれる?

両親が小さくても身長は高くなることがあるのか知りたい人もいるかもしれません。背の高さは親からの遺伝によって決まると考えている人は多いでしょう。実際に親の背が高いと子供の背も高くなることは多いですし、親の背が低ければ子供の背も低くなることが多いと考えられます。しかし、遺伝だけで全て決まってしまうわけではありませんし、諦めてしまうのは早いのです。遺伝は一般的に背に大きな影響を与えるものと言われています。

しかし、実際にどのくらい関係しているのかは分からない人が多いかもしれません。遺伝で悩む人は多いですが、身長の60〜90%近くは遺伝が関与しているということです。そして、残りは環境の影響と言われています。遺伝の影響は意外と大きいと感じるかもしれません。確かに遺伝は大きな影響を与えますが、遺伝に関係なく成長が伸びる可能性はあるのです。子供の身長は両親の遺伝の影響もありますが、環境を改善するだけで高くすることもできます。子供の最終的な身長を知りたいという場合、親の身長を参考にして結果を予測する計算式があります。

しかし、その結果はあくまで予測であり、子供の背が最終的にそこまで伸びるという保証はありません。逆に予想よりも背が高くなることも考えられます。誤差を生み出すのが環境的要因であり、環境的要因をきちんと考慮しないと子供の背は予測より低くなるかもしれません。子供の背を伸ばしたい場合、守るべき注意点があります。成長期というのは限られた時間ですし、その時間の中で背が伸びるように工夫することが大切です。背を伸ばすためには規則正しい生活を送ることがポイントです。栄養バランスの整った食事を摂取することはもちろん、適度な運動を行うことや十分な睡眠を取ることも大切です。子供の背を伸ばすためにはストレスにも注意が必要です。子供の成長には成長ホルモンというホルモンの分泌が重要となります。

成長ホルモンが分泌されることにより、骨の成長が促されて背が伸びていくのです。成長ホルモンは子供のうちにたくさん分泌されるものですが、ストレスを感じると分泌量が減少してしまうのです。子供は基本的に大人よりもストレスに対して敏感です。ストレスの原因は家庭のことや学校のこと、友人のことなどいろいろあります。子供のストレスの原因を見つけ出し、上手く解消していくことが大切なのです。それによって背を伸ばすことができるでしょう。

 

コメントを残す